川越での不動産売買|株式会社アジア住宅販売 > 株式会社アジア住宅販売のスタッフブログ記事一覧 > 土地活用の一種である介護施設の運営とは?押さえたいポイントをご紹介!

土地活用の一種である介護施設の運営とは?押さえたいポイントをご紹介!

≪ 前へ|不動産売却におけるトラブル事例についてご紹介   記事一覧   住宅ローンが返済不可に!適切な対処法や競売までの流れなどを解説!|次へ ≫

土地活用の一種である介護施設の運営とは?押さえたいポイントをご紹介!

土地活用の一種である介護施設の運営とは?押さえたいポイントをご紹介!

使っていない敷地にも税金や維持管理の手間はかかるので、土地をただ保有していると損をしてしまいます。
土地活用の方法はいくつか挙げられるため、実施できそうなものがあればぜひ利用してみてください。
今回は、土地活用のためにおこなわれる介護施設の運営とは何かにくわえ、そのメリットやデメリット、土地に求められる条件もご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地活用としておこなわれる介護施設の運営とは

土地活用を目的とした介護施設の運営とは、保有している土地から利益を生むため、何らかの形で介護施設の経営に携わることです。
収益が発生する仕組みにはいくつかの種類があり、それぞれでリスクやリターンが異なります。
たとえば介護施設を運営したい事業者に土地を貸す方法を選べば、地代が毎月得られます。
あくまで土地を貸すだけに留めているおかげで初期費用があまりかからず、リスクも比較的低めです。
地主が介護施設の建築までおこなって建物を事業者に貸す方法では、多額の初期費用がかかってリスクも高まるのですが、うまくいけば高額な家賃収入が毎月得られます。
介護施設の運営による収益の仕組みは事前によく調べ、リスクやリターンの度合いを把握しておくことが大事です。

土地活用のために介護施設を運営するメリットやデメリット

介護施設を運営するメリットは、収入が安定しやすいことです。
少子高齢化社会を迎えている昨今、介護施設の需要は高まるばかりであり、入居者が見つかりやすい状況にあります。
普通の賃貸物件と違って入居者が入れ替わることも少なく、安定収入が長期にわたって得られやすいのです。
また、介護施設は普通の賃貸物件よりも立地が気にされにくく、少し不便な土地にも建築できる可能性があります。
介護施設を運営するデメリットは、介護報酬の改定によって収入が減る恐れがあることです。
介護報酬が引き下げられると地代や家賃の減額が避けられなくなり、収益に響くことがあるのです。

土地活用のために介護施設を運営!土地に求められる条件とは

介護施設を造るにあたり、まずは200坪以上の広大な土地が求められます。
老人ホームを運営したいなら500坪以上は必要など、求められる面積があるかどうかは建築したい施設の種類ごとに確かめましょう。
用途地域の方針と合致することも必要で、介護施設を建築できる地域に自分の土地が属していることを確かめなければなりません。
工場しか造れないなど、地域一帯で土地の使い方に特殊な制限がある場合も多いのでご注意ください。
最後に、各自治体が定めている総量規制に抵触しないことも、介護施設を造るためには必要です。
すでに十分な数の介護施設があると、その自治体で新たな施設を造れない場合があるので、地域の状況を一度確認しておきましょう。

土地活用のために介護施設を運営!土地に求められる条件とは

まとめ

保有している土地を使って介護施設の運営に携わるのも、土地活用の一種です。
介護施設は需要が高く、安定収入を長きにわたって得られますが、介護報酬の改定により収益が減りやすいといった一面には注意しておきましょう。
あわせて、土地に求められる条件を確認しておくことも大切です。
私たちアジア住宅販売は川越市、鶴ヶ島市、ふじみ野市の不動産に関するご相談を承っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却におけるトラブル事例についてご紹介   記事一覧   住宅ローンが返済不可に!適切な対処法や競売までの流れなどを解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 会員バナー
  • 学区検索
  • 来店予約
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 売却査定
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社アジア住宅販売
    • 〒350-1129
    • 埼玉県川越市大塚1丁目32番地
      アジアビルディング1階
    • TEL/049-238-9001
    • FAX/049-238-9002
    • 国土交通大臣 (3) 第8204号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2022-09-24
    川越市笠幡 売地の情報を更新しました。
    2022-09-23
    川越市広谷新町 5期 新築戸建の情報を更新しました。
    2022-09-22
    川越笠幡 新築戸建の情報を更新しました。
    2022-09-22
    川越市安比奈新田 新築戸建の情報を更新しました。
    2022-09-22
    川越市笠幡12期 新築戸建の情報を更新しました。
    2022-09-22
    GRAFARE 川越市並木西町 新築分譲住宅の情報を更新しました。
    2022-09-22
    川越市砂3期 新築戸建の情報を更新しました。
    2022-09-22
    川越市稲荷町 新築戸建の情報を更新しました。
    2022-09-22
    川越市今福の情報を更新しました。
    2022-09-22
    川越市第1野田町 新築戸建の情報を更新しました。
  • Instagram KAWAGOE
  • Instagram OMIYA
  • Twitter
  • 求人採用
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約