土地の広さによってどのくらいの家が建てられるのかご紹介の画像

土地の広さによってどのくらいの家が建てられるのかご紹介

土地の広さによってどのくらいの家が建てられるのかご紹介

土地にはさまざまな広さがあり、何坪と言われてもどのくらいの広さの家が建つのかイメージが付きません。
実際に家を見学しても数字でいわれた広さと、実際に見た広さが異なる場合があります。
今回は、土地の広さによってどのくらいの広さの家が建てられるのかについてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

20坪の土地に建てられる家の広さや間取りとは?

20坪の土地に建てられる家の広さや間取りはどのくらいなのでしょうか。
20坪の広さは畳に換算すると約40畳といわれています。
広さとしては学校の教室くらいの広さです。
20坪に家を建てる場合は狭小住宅といわれる広さになる可能性があります。
土地の用途によって建ぺい率や容積率が異なり、建物を建てられる割合が決められているためです。
3階建て住宅を建てたい場合には容積率150%以上が望ましいでしょう。
そのため、容積率の制限がある場合は家を建てるには向かない場合があります。

30坪の土地に建てられる家の広さや間取りとは?

30坪の土地に建てられる家の広さや間取りはどのくらいなのでしょうか。
30坪の広さは畳に換算すると60~70畳と言われています。
これは、柔道の試合場と同じくらいの広さです。
また、30坪の広さがある場合は、2階建てでも4LDKの広さが確保できます。
そのため、ゆったりとした空間の家を建てられるでしょう。
また、2階建て4LDKの家の他にビルトインガレージなどを設置すると駐車場も確保できます。

40坪の土地に建てられる家の広さや間取りとは?

40坪の土地に建てられる家の広さや間取りはどのくらいなのでしょうか。
40坪を畳に換算すると約80畳となります。
これはバスケットコートの1/3ぐらいと同じくらいの広さです。
想像するととても広いことが分かります。
標準的な4人家族であれば、余裕を持った間取りで建築することが可能です。
また家以外にも庭を作ることもできます。
駐車場も2台取れる余裕があり、室内と同じようにゆとりのある空間が作れます。
ですが、地価が高い都心部の場合は40坪の確保が難しい場合が多いです。

40坪の土地に建てられる家の広さや間取りとは?

まとめ

土地の広さによってどのくらいの家が建てられるのかについてご紹介してきました。
土地の広さには特徴があり、空間の使い方しだいでどの広さでも余裕を持って暮らせます。
家を建てる際は、利用用途や容積率を確認して土地の購入を検討すると良いでしょう。
また、駐車場が必要である、何部屋必要といった条件も加味してください。
私たちアジア住宅販売は川越市、鶴ヶ島市、ふじみ野市の不動産に関するご相談を承っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら