空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?の画像

空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?

住まいのノウハウ

空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?

今後も住む予定がない空き家を所有しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
空き家を放置していると火災を引き起こしてしまう可能性があります。
空き家の火災原因や、火災リスクを下げるための対策、そして火災が起こった場合の責任などについて解説しますのでぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

なぜ空き家で火災が起こる?そのおもな原因とは

「空き家は人が住んでいないのに、なぜ火災が起こるのか」と不思議に思われる方もいるかもしれませんが、実は空き家火災の最大の原因は「放火」です。
人の気配が感じられず、明かりもなく暗いので、こっそり忍び込んでも見つかるリスクが少ない空き家は、放火犯にとって格好のターゲットとなるのです。
その他の原因として「ガス漏れからの爆発引火が起こった」「電気配線がショートして出火した」「通りすがりの方が庭にタバコをポイ捨てした」などが挙げられます。

空き家の火災リスクを下げるための対策とは?

所有する空き家の火災リスクを低減させるためには、何らかの対策をとることが大切です。
空き家を売却して手放す、建物を解体して更地にする、などの対策が一番確実に火災リスクを減らせますが、今すぐに売却や解体はできないという場合は空き家の管理を心がけましょう。
ガスは解約し、空き家に定期的に訪問しながら家の中および周囲の片付け・掃除をして、コンセント周りのホコリなどもきちんと取っておくことです。
もちろん、窓や玄関扉だけでなく門扉まできちんと戸締りしておくことも大切です。
こうした管理が自分でできない場合は、空き家管理をしてくれる管理会社に依頼しましょう。

空き家で火災が発生したら責任は所有者にある?

空き家火災について心配な点のひとつに万が一の際の責任はどうなるのかというのがあります。
まず、その火災が起こった原因が「放火」など、空き家所有者側に原因がなければ、損害賠償責任は問われない、と失火責任法で定められています。
しかし「空き家所有者の重過失によって火災が発生した」と判断された場合は損害賠償責任を問われることになります。
この「重過失」に該当する範囲はその事件ごとに判断されますが「いつ火災が起こってもおかしくないような状態で空き家をずっと放置していた」などという場合は責任を問われる可能性があります。

空き家で火災が発生したら責任は所有者にある?

まとめ

今回は空き家火災の原因や火災リスクを下げるための対策、そして火災が起こった時の責任について解説しました。
空き家火災のリスクを下げる方法としては適切な管理が有効ですが続けるのが難しい場合もあります。
その際は早めに売却や解体も視野に入れるようにしましょう。
私たちアジア住宅販売は川越市、鶴ヶ島市、ふじみ野市の不動産に関するご相談を承っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”住まいのノウハウ”おすすめ記事

  • 住宅情報サイトの賢い活用方法をチェック!の画像

    住宅情報サイトの賢い活用方法をチェック!

    住まいのノウハウ

  • 不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?の画像

    不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?

    住まいのノウハウ

  • ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!の画像

    ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!

    住まいのノウハウ

  • リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介の画像

    リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介

    住まいのノウハウ

  • 新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介の画像

    新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介

    住まいのノウハウ

  • 一般住宅でもできる防災への備えの画像

    一般住宅でもできる防災への備え

    住まいのノウハウ

もっと見る