住宅情報サイトの賢い活用方法をチェック!

住まいのノウハウ

Hand of man touching magnifying glass icon search for find information data about home on top of a model wood house. Search advertising for rent or buy a home. Search Engine Optimization

最近では住宅情報サイトの数も増えており「どのサイトを使ったらいいのか」「どういうところに気をつけて使えばいいのか」と迷ってしまう人も多いでしょう。住宅情報サイトを上手に活用するためには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。この記事では、住宅情報サイトの賢い活用方法について紹介していきます。


住宅情報サイトの掲載数の多さをチェック

たくさんの物件情報が掲載されていれば、その分、希望にあった物件が見つかりやすくなります。そのため、できるだけたくさんの物件情報が載っている住宅情報サイトを選ぶようにしましょう。


また、物件を希望している地域によっても選ぶべき住宅情報サイトが変わってきます。都内の掲載件数は多いものの、地方の物件数は少ないサイトもあるため、まずは自分が希望する地域の掲載件数をチェックしてみましょう。

キャッシュバックを利用する


住宅情報サイトの中にはキャッシュバックを実施しているところもあります。引っ越し費用や敷金礼金の足しにできるので是非活用したいところです。ただし、同じ物件でも利用するサイトによってキャッシュバックの有無が異なる場合があります。なのでなるべく同じ物件でも複数の情報サイトを参考にし、もっともキャッシュバック条件のいいサイトを利用しましょう。

部屋の写真を見比べてみる

室内や外観の写真が充実していると、わざわざ足を運ばなくても物件の雰囲気がわかります。また、室内以外の写真があると、住んだときのイメージもしやすいです。大手の住宅情報サイトだと、エントランスなどの共用部分の写真まで掲載していることが多いです。



他にもパノラマ写真は動画などがあると、より住んだときのイメージがしやすくなります。サイトによっては掲載している写真が違う場合もあるので、気になる物件があったら複数の情報サイトで調べてみるといいでしょう。




ヒットしにくい物件の見つけ方

住宅情報サイトはとても便利ですが、検索しても見つかりにくい物件があります。それは駅と駅の中間点にある物件です。駅名検索する際は、駅と駅の中間にある物件はエリア分類が難しくなってしまい、情報サイトによってエリアが異なってしまうことがあるのです。

なのでもし本来のエリア検索にひっかからない場合は、周辺の駅も検索してみてください。また、地図から探すという機能があれば、それも活用するとなお確実です。

まとめ

いかがでしたか?同じ物件でも複数の住宅サイトを利用することでよりお得に契約することが可能なんですね。また、サイトによっては検索エリアが違う場合もあるということも是非覚えておきましょう。


住宅情報サイトを上手に利用して、みなさんの希望の物件を、よりお得な条件で手に入れてください。

”住まいのノウハウ”おすすめ記事

  • 不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?の画像

    不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?

    住まいのノウハウ

  • ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!の画像

    ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!

    住まいのノウハウ

  • 空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?の画像

    空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?

    住まいのノウハウ

  • リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介の画像

    リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介

    住まいのノウハウ

  • 新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介の画像

    新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介

    住まいのノウハウ

  • 一般住宅でもできる防災への備えの画像

    一般住宅でもできる防災への備え

    住まいのノウハウ

もっと見る