無理なく不動産のローンを返済するためには事前の計画が大事

不動産管理

A toy house made of wood with a roof costs money, on a hundred-dollar bill. Concept: mortgage, purchase, sale of real estate, rental housing.

住宅などの不動産を購入する場合、多くの人はローンを組むことになります。では、ローンを組む際にはどういったことに気をつければいいのでしょうか。また、無理のない返済計画を立てるためには、どういったことを心がければいいのでしょう。この記事ではローンの返済計画のポイントについて解説していきます。


ローンの返済計画の立て方

不動産のローンは30年前後支払い続けることが多いです。そのため、今だけではなく、将来の家計プランも考えて返済計画を立てる必要があります。


また、金利に関しても注意が必要です。金利が低いほうがお得と考えがちですが、「変動型」や「固定期間選択型」などのローンは返済中に金利や返済額が上がってしまう可能性があります。「全期間固定型」ならば最後まで返済額が変わらないため、よく見極めて選択するようにしましょう。


不動産のローンに必要な書類

不動産のローンを組むためには、事前審査に通過する必要があります。ローンの返済は長期にわたるため、本人に十分な返済能力があるかどうか確認が行われます。住宅ローンの事前審査で必要な書類は金融機関によって異なりますが、だいたい以下のものが必要になります。


  • 事前審査申込書

  • 関係者全員の本人確認書類

  • 収入証明書類

  • 購入物件の資料


また、住宅ローン以外に借り入れがある場合、返済予定表や残高証明書など、返済が確認できる通帳を求められることもあります。


無理のない住宅ローンの目安

生活水準を維持しつつ、無理のない返済計画を立てるには収入に対する返済額の割合をよく考えることが重要です。住宅ローンを無理なく返済できるかどうかは「返済比率」を計算することで判断できます。返済比率は「年間の返済額÷税収年収×100」で求められます。一般的に返済比率は25%以内に収めることが望ましいです。


まとめ

ローンの返済比率が25%を大きく上回ると審査が厳しくなることがあります。その場合は頭金の比率を増やしたり、借入金額を減らしたりして対応しましょう。住宅ローンの返済ができなくなると生活そのものが脅かされるため、慎重に判断することが大切です。


”不動産管理”おすすめ記事

  • プレミアムマンションの魅力を解説の画像

    プレミアムマンションの魅力を解説

    不動産管理

  • 投資としての住宅販売で気をつけたいポイントの画像

    投資としての住宅販売で気をつけたいポイント

    不動産管理

  • 中古マンション購入の際に管理の質は要チェック!の画像

    中古マンション購入の際に管理の質は要チェック!

    不動産管理

  • 不動産のリフォームにはいくら必要!?リフォーム箇所別に解説の画像

    不動産のリフォームにはいくら必要!?リフォーム箇所別に解説

    不動産管理

  • コロナ禍が不動産市況に与える影響と今後の見通しの画像

    コロナ禍が不動産市況に与える影響と今後の見通し

    不動産管理

  • 不動産管理会社を選ぶときは○○を見て!失敗しない選び方3選の画像

    不動産管理会社を選ぶときは○○を見て!失敗しない選び方3選

    不動産管理

もっと見る