投資としての住宅販売で気をつけたいポイント

不動産管理


マンションを購入する場合、自分が住むための住居用として買う人がほとんどでしょう。しかし、中には人に貸して収益を得る投資用としてマンションを購入する人もいます。また、生活環境の変化により、投資用のマンションに住んだり、住居用のマンションを貸し出したりするケースもあります。では、投資としてマンションを購入する場合、どういった点に気をつければいいのでしょうか。


新築マンション投資について

不動産投資の対象は、マンション・アパート・一戸建てなどさまざまです。中でも需要が高いのは新築マンションです。確かに新築マンションは人気がありますが、投資する上で気をつけたい点もあります。


まず購入費の高さです。中古マンションに比べると新築マンションの購入費はかなり高額です。購入費が高くなると、ローンの借入額も高くなるため、綿密な資金計画が求められます。


また、購入費が高くなる分、利回りが低い傾向にあります。新築マンション投資を考えている人は、利回りについてもしっかり確認しておきましょう。


マンション投資の失敗例

新築マンションは需要が高い一方で、安定した家賃収入の確保が難しいという一面もあります。新築の場合、過去に運用例がないため、空室リスクが見通しづらく、家賃の変動も予測しづらいです。十分な家賃収入を確保するためには立地条件や家賃相場をしっかり調査することが大切です。


Small house with jar for the concept of saving loan for buying house from the bank

投資としての住宅販売で気をつけたいこと

投資としてマンションを購入する場合、しっかりと資金計画を立てることが大切です。短期の保有では利益が出ない可能性があるため、長期的な見通しを立てておく必要があります。


また、所有期間によって売却するときの税金も変わります。所有期間が5年を越すと長期譲渡所得、5年以下は短期譲渡所得となり、短期のほうが税率が高くなります。しかし、長く保有すれば価格が下がる可能性もあるため、リスクを踏まえた上での購入が求められます。


まとめ

新築マンション投資は、立地や設備などの条件がよければ数年間保有することで、購入時よりも高く売れることがあります。しかし、利回りや家賃変動のリスクの把握、ローンの支払計画など専門的な知識が必要になるため、経験豊富な不動産会社に相談するのがおすすめです。


”不動産管理”おすすめ記事

  • プレミアムマンションの魅力を解説の画像

    プレミアムマンションの魅力を解説

    不動産管理

  • 無理なく不動産のローンを返済するためには事前の計画が大事の画像

    無理なく不動産のローンを返済するためには事前の計画が大事

    不動産管理

  • 中古マンション購入の際に管理の質は要チェック!の画像

    中古マンション購入の際に管理の質は要チェック!

    不動産管理

  • 不動産のリフォームにはいくら必要!?リフォーム箇所別に解説の画像

    不動産のリフォームにはいくら必要!?リフォーム箇所別に解説

    不動産管理

  • コロナ禍が不動産市況に与える影響と今後の見通しの画像

    コロナ禍が不動産市況に与える影響と今後の見通し

    不動産管理

  • 不動産管理会社を選ぶときは○○を見て!失敗しない選び方3選の画像

    不動産管理会社を選ぶときは○○を見て!失敗しない選び方3選

    不動産管理

もっと見る