子どもがいる家庭なら考えておきたい自然環境の重要性

住まいのノウハウ

An image of a beautiful outdoor seating area, with several luxurious chairs arranged around a fire pit. AI Generated

住んでいる街の環境は、子どもの成長にも大きな影響を与えます。子どものために、改めて自然環境の重要性を感じている人もいるかもしれません。では子どもがいる家庭では、どういった環境を選ぶべきなのでしょうか。また、住宅選びではどのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。


子どもが就学前の場合

子どもが未就園児ならば、子育てサークルやコミュニティ、支援施設の充実度などを確認する必要があります。たとえば、幼稚園や保育園といった施設が十分にあるか、利用児童数や待機児童数の状況、時間の延長、預かり保育の有無などチェックしておきたいポイントはいろいろあります。


子どもが乳幼児期ならば、何かと病院に行く機会が多いため、医療機関が近いところのほうが便利です。


子どもが就学している場合

すでに子どもが就学している場合は、通学路の安全性や学校までの距離をチェックしておきたいです。地図で見ると近そうに見えても、実際に歩くと坂があって大変というケースもあります。


子どもを塾に通わせることを考えている場合は、周辺にどのような教室があるのか確認しておくのがおすすめです。


公園や広場といった自然環境

子どもにとって、近くに思いっきり遊べるスペースがあるのは、とてもうれしいことです。小学校低学年のころは、だいたい自宅から徒歩10分以内が主な行動エリアになります。この範囲に公園や広場といった自然環境が整っていると、子どもは外でのびのび遊ぶことができます。


緑の多い公園は四季の変化を五感で感じられる場所です。普段から自然に接することで感受性が磨かれ、豊かな感性が育まれていきます。


公園は同世代の子どもを持つ親にとっても交流が生まれやすいため、繋がりが増えて暮らしやすくなることも多いです。


まとめ

子どもをのびのび育てることを考えるならば、やはり自然環境の重要性は見逃せません。小さいころから外で思いっきり遊ぶことで、季節の移り変わりを感じ、感受性豊かな人間に育っていきます。親にとっても重要な交流の場となるため、住まい探しの際には必ず近くに公園があるかどうかチェックしておきましょう。


”住まいのノウハウ”おすすめ記事

  • 不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?の画像

    不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?

    住まいのノウハウ

  • ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!の画像

    ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!

    住まいのノウハウ

  • 空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?の画像

    空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?

    住まいのノウハウ

  • リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介の画像

    リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介

    住まいのノウハウ

  • 新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介の画像

    新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介

    住まいのノウハウ

  • 一般住宅でもできる防災への備えの画像

    一般住宅でもできる防災への備え

    住まいのノウハウ

もっと見る