相続した空き家を管理するには?放置のデメリットと解決策をご紹介!の画像

相続した空き家を管理するには?放置のデメリットと解決策をご紹介!

住まいのノウハウ

相続した空き家を管理するには?放置のデメリットと解決策をご紹介!

親や知人などから空き家を相続された場合は、その管理方法をどうしたら良いかわからない方も多いでしょう。
相続した空き家を上手に管理していくためには、事前にデメリットをよく踏まえて、その解決策をきちんと知っておくことが大切です。
今回は、相続した空き家の管理方法や、起こり得るデメリットと解決策についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続した空き家を上手に管理する方法

相続した空き家を上手に管理するには、主に3点を意識する必要があります。

1点目は、換気を定期的におこなうことです。
空き家は湿気がこもりやすいため、定期的に訪れて換気をおこなう必要があります。
換気によって、室内のカビの発生や老朽化を防げるようになります。

2点目は、適度な通水です。
定期的に蛇口やトイレ、洗面台、浴室などから水を出す作業が必要になります。
通水作業を定期的におこなうことで、水道管の劣化や水回りのトラブルを予防できます。

そして3点目は、定期的に掃除をおこなうことです。
定期的に掃除をしないと、ホコリやゴミが溜まって、害虫の発生やコンセントからの引火に繋がるため、注意しておきましょう。

相続した空き家の放置で起こるデメリット

相続した空き家の管理をおこなわずに放置してしまうと、さまざまなデメリットの発生に繋がります。
上記でご紹介したように、管理をおこなわないと空き家の老朽化が進んでしまうのもデメリットですが、そのほかにもいくつかリスクがあります。
管理が必要な状態にも関わらず、危険な状態で空き家を放置してしまうことで、「特定空き家」として認定されてしまうのも、そのリスクの一つです。
特定空き家とは、景観が悪化している空き家や、害虫などが発生していて地域の景観に影響を及ぼす空き家のことを指します。
また管理を長い間おこなわなかったことによって、空き家が倒壊してしまったり、害虫や異臭の影響が近隣住宅にまで出てしまったりすると、所有者責任を問われてしまうため注意が必要です。

相続した空き家の解決策

相続した空き家で上記のようなデメリットを抱えないためには、早めに解決策をとることが大切です。
空き家を所持せずデメリットを抱えないためには、「解体」「譲渡」「売却」の3つの方法があります。
解体する方法では、解体費用がかかりますが、その後の管理においてかかる費用やリスクを負担しなくて済むのがメリットです。
譲渡する場合は、空き家を所有するにあたって起こるリスクも譲渡先に渡せます。
売却すると、売却金額を手にした後、その後の管理は買主の責任になるのが特徴です。
相続した空き家で困らないためには、上記に示した方法で、起こり得るリスクを解決するようにしましょう。

相続した空き家の解決策

まとめ

今回は、相続した空き家の管理方法や、放置することによって起きるデメリット、解決策などをご紹介しました。
空き家を所有していることによって生じるさまざまな問題を防ぐためには、早めにこれらの点をよく確認しておくことが大切です。
ご紹介した点を踏まえて、空き家管理の際の参考にしてください。
私たちアジア住宅販売は川越市、鶴ヶ島市、ふじみ野市の不動産に関するご相談を承っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”住まいのノウハウ”おすすめ記事

  • 不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?の画像

    不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?

    住まいのノウハウ

  • ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!の画像

    ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!

    住まいのノウハウ

  • 空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?の画像

    空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?

    住まいのノウハウ

  • リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介の画像

    リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介

    住まいのノウハウ

  • 新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介の画像

    新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介

    住まいのノウハウ

  • 一般住宅でもできる防災への備えの画像

    一般住宅でもできる防災への備え

    住まいのノウハウ

もっと見る