不動産投資における「72の法則」とは?

暮らし

Housing market crash. Generative AI.

不動産や株式といった投資で「72の法則」という計算方法が使われることがあります。この法則を用いると、元本を倍にするのに何年かかるかがすぐに計算できます。初心者にもわかりやすい法則なので、投資に興味がある人は、ぜひ覚えておきましょう。


72の法則とは

72の法則とは、資産運用をするときに、投資額が2倍になる期間を求める計算式です。この法則を使うと複利で資産を運用した時、投資金額が2倍になるまで、どのくらいかかるのか計算できます。


72の法則を発見したのは、相対性理論で有名なアルベルト・アインシュタイン博士といわれています。


72の法則の計算式

72の法則の計算式は、以下の通りです。


72÷金利(%)=運用年数


たとえば、金利1%で運用する場合、計算式は72÷1となるため、投資金額が2倍になるまで72年かかるとわかります。年3%だと、72÷3となるので約24年かかると求めることができます。


72を金利で割るだけで投資額を2倍にするのにどのくらいかかるか、だいたいの年可能です。数を求めることが


また、逆にn年後に資産を2倍にするには何%の金利が必要かという時も72の法則は役立ちます。


例えば18年で資産を2倍にしたいと考えている場合、72の法則を使って72÷18で計算すると4%の年利が見込める投資商品に投資しればいいという事がわかります。


複利の投資商品は元本割れの可能性も

72の法則はあくまで資金を複利で運用した場合の計算方法です。

国債や地方債などの単利で資産を増やしていく商品には当てはまらないので注意しましょう。

また複利で増えていくタイプの投資商品には元本保証がないものも多数あります。金利だけを見て投資するではなく、きちんとリスク面も考慮したうえで投資先を選びましょう。


まとめ

72の法則を使うと、元手が倍になるまでどのくらいの年数が必要なのか、簡単に計算することができます。投資関係の計算は複雑なものが多いため、計算に苦手意識がある人は、まずこの法則に触れておくのがおすすめです。さらに詳しく知りたい場合は、投資の専門家に相談してみましょう。


”暮らし”おすすめ記事

  • 家を購入した際の住所変更!住宅ローン利用時の登記や車庫証明はどうなる?の画像

    家を購入した際の住所変更!住宅ローン利用時の登記や車庫証明はどうなる?

    暮らし

  • ヴィンテージマンションとは?定義や魅力をご紹介の画像

    ヴィンテージマンションとは?定義や魅力をご紹介

    暮らし

  • 不動産売却に適した3つのタイミングについての画像

    不動産売却に適した3つのタイミングについて

    暮らし

  • なんでも揃う商店街!川越駅からすぐのクレアモールご紹介!の画像

    なんでも揃う商店街!川越駅からすぐのクレアモールご紹介!

    暮らし

  • 【便利・安全】駅近物件の魅力3選の画像

    【便利・安全】駅近物件の魅力3選

    暮らし

  • REIT(リート)と不動産投資の違いを詳しく解説の画像

    REIT(リート)と不動産投資の違いを詳しく解説

    暮らし

もっと見る