ヴィンテージマンションとは?定義や魅力をご紹介の画像

ヴィンテージマンションとは?定義や魅力をご紹介

暮らし

ヴィンテージマンションとは?定義や魅力をご紹介

マイホームを買うなら、長く住める家がいいと感じるかもしれません。
また、住み心地を重視するなら、住環境や住人の様子も気になるでしょう。
そのような方に注目していただきたいヴィンテージマンションについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

ヴィンテージマンションの定義とは?

経年によっても価値が落ちない、あるいは高まっていく物件のことを、ヴィンテージマンションといいます。
明確な定義はありませんが、築年数が経っても多くの方が価値を感じられる物件を指していることが多いです。
年数が経っても魅力がある理由のひとつは、歴史を感じさせるデザインを取り入れているからです。
レトロな雰囲気の物件は、時代の流行りに影響されません。
また、ヴィンテージマンションは資産価値が下がらない立地である点も特徴的です。
都市部の駅前など利便性の高い場所や、人気が高いエリアに建てられていることも条件のひとつとなっています。
これらの物件に住む方は建物を維持したいと考えており、経年に応じて適切なメンテナンス管理がされていることも重要なポイントです。
日々の生活できちんと手入れされているため、資産価値が落ちにくくなっています。

ヴィンテージマンションの魅力とは

ヴィンテージマンションは立地が良く適切な管理がなされているため資産価値が落ちない点が魅力です。
都心部にあるヴィンテージマンションのなかには、施工当時の価格より値段が上がっている物件もあります。
一般的には築10年以上でゆとりのある広さの物件が多くみられます。
多くの方が欲しがるハイグレード仕様で、希少性の高さが魅力でしょう。
また、住んでいる方は建物に愛着をもつ方が多く、適切なコミュニケーションを築けるケースがほとんどです。
マナーの良い方が住んでいるため、暮らしやすさも魅力のひとつでしょう。
住人全体が建物を育てる意識があるため、資産価値が下がる心配は少ないでしょう。

そもそもヴィンテージマンションを購入する方は、ある程度の資産を保有しています。
販売価格が高くなりやすく、メンテナンスコストも高額になりやすいことから、資金に余裕のある方が入居するためです。
また、資産価値が下がりにくいことから、賃貸物件として活用することもおすすめです。
自分が住まなくなったら賃貸物件として提供すれば、毎月安定した収入を得られます。
もともと差別化がされている物件のため、家賃相場が高くなり、十分な収入が見込めるでしょう。

ヴィンテージマンションの魅力とは

まとめ

資産価値の高い物件の購入を希望するなら、ヴィンテージマンションとはどんな物件なのか確認してみてください。
はっきりした定義はありませんが、都心部にある高級感漂う物件だと考えておきましょう。
自分が住む場合でも賃貸物件として利用する場合でもおすすめです。
長く住める住宅を希望するなら、ヴィンテージマンションに注目してみてください。
私たちアジア住宅販売は川越市、鶴ヶ島市、ふじみ野市の不動産に関するご相談を承っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”暮らし”おすすめ記事

  • 不動産売却に適した3つのタイミングについての画像

    不動産売却に適した3つのタイミングについて

    暮らし

  • なんでも揃う商店街!川越駅からすぐのクレアモールご紹介!の画像

    なんでも揃う商店街!川越駅からすぐのクレアモールご紹介!

    暮らし

  • 【便利・安全】駅近物件の魅力3選の画像

    【便利・安全】駅近物件の魅力3選

    暮らし

  • REIT(リート)と不動産投資の違いを詳しく解説の画像

    REIT(リート)と不動産投資の違いを詳しく解説

    暮らし

  • 知っておきたい不動産取引の基礎知識の画像

    知っておきたい不動産取引の基礎知識

    暮らし

  • サービス付き高齢者向け住宅は住みやすい?デメリットはあるの?の画像

    サービス付き高齢者向け住宅は住みやすい?デメリットはあるの?

    暮らし

もっと見る