子どもがいる家庭でのリノベーションアイデア

住まいのノウハウ

家で過ごす笑顔の3人家族(ファミリー・育児・子育て・赤ちゃん)

子どもの成長をきっかけに、自宅のリノベーションを考える人は多いです。「子どもをもっとのびのび過ごさせたい」「専用の机が置けるスペースが欲しい」などなど、各家庭によってさまざまな考えがあるでしょう。そこで今回は、お子さんがいるご家庭でのリノベーションアイデアについて紹介していきます。リノベーションを検討している人は、ぜひ参考にしてください。


子どもがいつも見える間取り

子どもの様子がいつでも確認できるように、あえてリビング内に子ども部屋を設置するご家庭もあります。リビングの中に板を並べて小さな空間を作れば、秘密基地のような子ども部屋が作れます。小さいうちは上の壁をなくし、大きくなったら完全な個室にできるよう子どもの成長を想定したアイデアもあります。


縦の空間を活かすアイデア

最近ではコンパクトマンションにファミリーで暮らすケースも多いです。その場合、どうしても部屋の面積が限られてしまうため、縦の空間をいかに上手に使うかがポイントになります。


そこでおすすめなのがロフトベッドです。ロフトベッドならば下には収納やデスク、上にはベッドと縦の空間を有効活用できます。寝ているときに圧迫感を感じないよう天井との距離を長く保つのがおすすめです。


可動式の間仕切りを設ける

2人のお子さんのために、将来的には部屋を2つにわけられるよう可動式の間仕切りを設けるのもアイデアの1つです。小さいうちは2人一緒で問題なくても、成長するにつれて自分の部屋を欲しがることはよくあります。可動式の間仕切りがあれば、そういったケースにも対応可能です。


まとめ

リノベーションの際、子ども部屋をどうするかというのは頭を悩ませる要素です。子ども時代を大切な思い出にするためにも特別な空間づくりを目指してみましょう。お子さんの好みがはっきりしているならば、壁紙などを自分で選ばせるのもおすすめです。さまざまなアイデアを参考にして、自分ならではのリノベーションを実現させましょう。



”住まいのノウハウ”おすすめ記事

  • 不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?の画像

    不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?

    住まいのノウハウ

  • ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!の画像

    ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!

    住まいのノウハウ

  • 空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?の画像

    空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?

    住まいのノウハウ

  • リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介の画像

    リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介

    住まいのノウハウ

  • 新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介の画像

    新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介

    住まいのノウハウ

  • 一般住宅でもできる防災への備えの画像

    一般住宅でもできる防災への備え

    住まいのノウハウ

もっと見る