不動産売却の大まかな流れを6つのステップに分けて紹介

住まいのノウハウ

real estate agent Delivering sample homes to customers, mortgage loan contracts. Make a contract for hire purchase and sale of a house. and home insurance contracts, home mortgage loan concepts

初めての不動産売却は何かとわからないことも多いです。どこから手を付けていいのか迷っている人もいるかもしれません。そこでこの記事では、不動産売却を6つのステップに分けて流れを解説します。不動産売却の予定がある人は参考にしてください。


ステップ①不動産会社に相談

まずは売りたい物件について不動産会社に相談しましょう。相談は手ぶらでも構いませんが、事前に下記のような必要書類を用意しておくと話がスムーズに進みやすいです。


  • 所有不動産の物件概要書

  • 登記事項証明書(登記情報)、もしくは固定資産税納税通知書

  • 間取り図および敷地測量図


ステップ②媒介契約を結ぶ

不動産会社の査定に納得できたならば、正式に土地の売却を依頼します。このとき、不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類の中から、自分に合った契約を選びましょう。


ステップ③売却活動の開始

売却活動は基本的に不動産会社の主導で進みます。購入希望者と交渉などを行い、すべての条件がまとまったならば売買契約に進みます。


ステップ④売買契約を結ぶ

売買契約では、売主・売主側仲介業者・買主・買主側仲介業者の4社が一堂に会することが多いです。売買契約の前には、以下の必要書類を用意しておきましょう。


  • 実印・認印

  • 身分証明書

  • 登記済権利証

  • 印鑑証明書

  • 収入印紙


ステップ⑤物件の引き渡し

購入者から手付金を除いた残金を受領し、物件を引き渡します。このとき購入者が住宅ローンで購入する場合は、その承認を待って残金決済を行います。代金決済が終わったならば、売主から買主への所有権移転登記を申請しましょう。


ステップ⑥確定申告

不動産売却後、売主は不動産売却によって得た利益にかかる税金を納付しなければなりません。確定申告を行うことで、税金を減額できる特例制度もあります。確定申告を終えたならば不動産売却は終了です。


まとめ

不動産売却では大きな金額が動くため、あらかじめ全体の流れを把握しておくのがおすすめです。また、不動産の相場を把握したり、信頼できる不動産会社を選ぶことも重要です。最初から1つの不動産会社に決めると、損をする可能性もあるため、一括査定で複数の業者の査定額を比較するのがいいでしょう。


”住まいのノウハウ”おすすめ記事

  • 不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?の画像

    不動産売却でかかる住民税の時期や計算方法とは?

    住まいのノウハウ

  • ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!の画像

    ウッドブラインドは後悔する?メリットや設置方法をご紹介!

    住まいのノウハウ

  • 空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?の画像

    空き家を所有しているなら要注意!空き家で火災が起こったら?

    住まいのノウハウ

  • リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介の画像

    リフォームとリノベーションの違いとは?メリットもご紹介

    住まいのノウハウ

  • 新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介の画像

    新築戸建てを購入する際に床の色はどうしたら良い?色選びの特徴をご紹介

    住まいのノウハウ

  • 一般住宅でもできる防災への備えの画像

    一般住宅でもできる防災への備え

    住まいのノウハウ

もっと見る