2000万円が不足したらの画像

2000万円が不足したら

暮らし

前回の記事で、2000万円問題とは何かについてお伝えさせて頂きました。今回は、老後2000万円問題を乗り越えるために、今からできる対策についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不足するケースについて

まず、なぜ老後お金が不足してしまうのか。

現代では働き方の多様化が進み、転職を繰り返しキャリアアップする人やフリーランスで働く人も増えました。これにより退職金が少ないケースや、もらえないケースも増えています。

また、年金の未納や国民年金のみの場合、将来もらえる年金は少なくなります。この場合、出てくる問題としてあげられるのが老後の生活費を「年金でカバーできない」という可能性です。そして年齢が高くなればなるほど、医療費や保険に関する支出は増えます。さらに介護施設や介護サービスを利用する場合は支出も大幅に増えます。これらのことから、収入よりも支出が多くなり、お金が不足する可能性が高くなります。



老後資金が不足したらどうなるか

2019年に金融庁の金融審議会市場ワーキング・グループの報告書「高齢社会における資産形成・管理」が公表され、老後は2,000万円が必要だと話題になりました。

この報告書内に「この金額はあくまで平均の不足額から導きだしたものであり、不足額は各々の収入・支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なる。」との記載があるものの、退職金の減少/年金に対する不安/平均寿命の延伸など不安材料が多くあることも事実です。では、今から対策するためにはどうすればいいか、正しく理解し、準備していきましょう。


資金不足を防ぐ為には

老後、年金だけに頼らず、収入を得る事が重要です。今まで培ってきたキャリアを活かし、老後も働けることが理想的です。そのため老後のためにもキャリア形成のプランニングは必須です。また毎月の支出を見直し、今から貯蓄する事も重要です。光熱費の自由化や通信キャリアの選択肢の増加などにより、固定費の削減もしやすくなっています。

また、投資による資産運用も有効です。今話題のiDeCoやNISAを使った積立投資を活用することもおすすめです。



まとめ

ニュースや週刊誌などで見ない日がなかった「老後2000万円問題」ですが、一時に比べ話題になることが少なくなったのではないでしょうか。

冒頭でもお伝えしたように、物価の高騰や消費税の増税などの話題が絶えない今だからこそ、再度理解し、対策していく必要を感じています。

次回は老後2000万円が不足したらどうなるか。についてお伝えしていきます。


私たちアジア住宅販売は川越市、鶴ヶ島市、ふじみ野市の不動産に関するご相談を承っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、ぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

アジア住宅販売への問い合わせはこちら


アジア住宅販売の写真

アジア住宅販売 メディア編集部

川越での不動産売買は、株式会社アジア住宅販売にお任せ下さい。地域密着の弊社だからこその柔軟な対応力とお客様に寄り添ったサービスで、住まい探しをサポートするため当サイトのブログでも不動産購入・売却や土地に関する情報をご紹介しています。

”暮らし”おすすめ記事

  • 家を購入した際の住所変更!住宅ローン利用時の登記や車庫証明はどうなる?の画像

    家を購入した際の住所変更!住宅ローン利用時の登記や車庫証明はどうなる?

    暮らし

  • ヴィンテージマンションとは?定義や魅力をご紹介の画像

    ヴィンテージマンションとは?定義や魅力をご紹介

    暮らし

  • 不動産売却に適した3つのタイミングについての画像

    不動産売却に適した3つのタイミングについて

    暮らし

  • なんでも揃う商店街!川越駅からすぐのクレアモールご紹介!の画像

    なんでも揃う商店街!川越駅からすぐのクレアモールご紹介!

    暮らし

  • 【便利・安全】駅近物件の魅力3選の画像

    【便利・安全】駅近物件の魅力3選

    暮らし

  • REIT(リート)と不動産投資の違いを詳しく解説の画像

    REIT(リート)と不動産投資の違いを詳しく解説

    暮らし

もっと見る